スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ポップスターの正体は?

    今回はこちらの企画に参加させていただきました。



    ポップスターは星形をしている。これはふつうはありえない。

    地球や金星や火星などの太陽系の惑星はなぜ「丸い」のか。
    それは重力による。
    まだ熱かった時代の半分液状の地球はくるくるまわりながら、球形になっていった。
    その時に噴火や隕石で高い山ができても、下に流れ落ちてなだらかになってしまう。

    しかし太陽系の星でも小惑星と呼ばれる小さな星たち。それらは熱くもなれず、大きな重力も持てなかったので、変わった形のまま宇宙を漂っている。
    有名なのでは「はやぶさ」の探査した、小惑星イトカワが「落花生」や「ラッコ」といわれるような形をしている。

    つまり天文学上の常識に従えば、考えられる可能性は大きくわけて以下の二つ。

    1 ポップスターは誰かが人工的に作った。
    2 ポップスターはすごく重力が小さい。


    1の説を検討してみよう。

    すごくきれいな星形なので、実はポップスターは宇宙船だった。

    どこかの滅びかけた星の人々が、平和な楽園を夢見て建設。様々な生き物をつめた箱船として、あの場所にたどりついた。あるいは、遺伝子操作の実験をするための隔離施設だった。集められた生き物たちが、研究者達がいなくなった後、自活している。

    SFならよくある設定だ。

    この説だと「夢の泉とスターロッド」など、不思議なものは「全て古の科学者達が作った」で説明がつくので、便利だ。


    2の説を検討してみよう。

    重力が小さいと考えると、カービィ達が地球上の常識では不可能な動きをするのも納得がいく。きっと重力が地球の20分の1とかだから、空気を吸っただけでもふわふわ飛べる。

    これも『ドラえもん』など、SFでよくある設定だろう。

    この説だとゲーム中のカービィの動きの説明がつく、ような気がする。
    物理学レベルで異世界のような気もするけど。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。