スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『星のカービィ ロボボプラネット』について。初歩的なことを語ってみようと

    ※これはTwitter上で行われたカービィ版深夜の真剣考察60分一本勝負参加作品です。
    以下の投稿に合わせて執筆を開始しました。


    「リスクを犯してリターンを得る。これがゲームの本質だ!」
    桜井政博氏の2004年の講演より。桜井政博のゲームについて思うこと 2 Think about the Video Games

    これを参考に『星のカービィ ロボボプラネット』を語ってみようと思います。

    「吸い込み」について

    このゲームで、プレイヤーが操作するキャラクターをカービィといいます。
    ピンクの丸い玉に手足がついたようなキャラクターです。
    このカービィを操作して、ゲームをすすめます。
    最初の状態では、カービィは、遠くの敵をやっつける手段を持っていません。
    ですから、敵に近づきます。
    敵に近づくと、敵の攻撃があたるというリスクがあります。
    しかし、カービィの「吸い込み」という攻撃があたる可能性が出てきます。
    そしてこの「吸い込み」という攻撃を行うと、敵はカービィの口の中に入ります。
    その敵をそのまま飲み込むことができます。これは敵をやっつけるというリターンを得たことになります。また、この口に入れた敵を再び「星形弾」としてはき出して、遠くの敵をやっつけることができます。これもリターンです。この敵を口に入れた状態を「ほおばった」といいます。
    敵に近づくリスクを冒さずに、敵をやっつけることができるのが星形弾です。ですが、敵をほおばった状態だと、穴に落ちやすくなるというリスクがあります。
    またカービィは空を飛ぶことができ、敵というリスクを避けることもできます。

    カービィの吸い込みが届く範囲を正確に認識し、敵それぞれの動きや攻撃範囲を覚えると、「吸って吐く」だけでも多くの敵が倒せるようになります。

    「コピー」について

    また、吸い込んだ敵の能力を「コピー」することができます。たとえば、火を吐く敵を飲み込んだ場合、カービィも「ファイアカービィ」に変身し、火を吐くことができるようになります。これが、リスクを犯して敵を飲み込むことにより、得られるリターンです。
    この「コピー」によって得られるリターンは、単に敵を倒しやすくなる、だけではありません。『星のカービィ ロボボプラネット』には謎解き要素があり、「正しいコピーを選ぶ」ことで、次のステージに進める「キューブ」などのリターンを得ることができます。

    様々なコピーのそれぞれの技を覚え、それらを正確に出せるようになるのは(人にもよりますが)時間がかかります。これがこのゲームでプレイヤーが払う、主なコストとなります。しかし様々なコピーの正しい使い方を覚え、正確に操作できるようになると、このゲーム内で多くのリターンを手に入れることができるでしょう。

    敵の攻撃を覚えた上で、それに対応するということも重要です。

    敵を知り、己を知れば、百戦危うからずということですね。
    口で言うのは簡単ですが、このゲームは主人公の技が数多くあり、敵もとてもたくさんの種類がいて、ステージも様々な、豪華なアクションゲームです。最後の最後までクリアしようとすると、とても大変です。
    ですが、ご安心を。自分と敵の技の数々を全て覚えなくても、多くの人がメインストーリーはクリアできるように難易度調整されています。

    今回の新要素である「ロボボ」について

    ロボボはこれ自体がリターン(ご褒美)となる要素です。用意されていることが多く、得るためのリスクはないことが多いのです。地道に敵を倒し、仕掛けを避けてきたカービィ。それが、強力なロボボを得ることで、敵をより少ないリスクで倒し、壊せなかったブロック等を壊せるようになり、アイテムなどの様々なリターンを得やすくなります。
    また「正しいコピーを選ぶ」ことによる謎解き要素は、ロボボに乗った状態でもあります。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。