スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    女神の親衛隊は少女に限る


    聖闘士星矢 : 少女版「セインティア翔」が連載へ アテナ守る少女たちの物語

    2013年07月19日

    原作の車田さんは「聖闘士の少女物の企画はかなり以前から温めていたものです。聖域がいかにアテナを守る少年たちの世界とはいえ、女神の身辺を直に警護する『親衛隊』は、やはり男子ではなく『少女隊』ではないか…と。」

    http://mantan-web.jp/2013/07/19/20130718dog00m200064000c.html



    筋はとおってるよね。
    処女神アルテミスのおつきは処女に限られていた。
    アルテミスの「少女隊」のメンバーとしては、おおぐま座のカリストーが有名。
    カリストーはゼウスに騙されて、処女を失い、「少女隊」を失格する。
    そしてクマにされる。

    女神アテナも処女神なんだから、アテナ様の入浴中の扉の警護は
    少女でないとね。
    アテナ様が浴室で苦しんでいて、男性のおつきが「どうしました!」とのぞいたら、
    女神の裸を見た罪で、鹿にされてもしかたがない。

    天照大神も処女神だから、乙女達と機織りしてたし。

    ウィキペディアソースになるけど、アテナにはこんな儀式もあった。

    パンアテーナイア祭のときはパルテノーン神殿にあるアテーナーの神像の衣が取り替えられ、乙女たちが新しく織った衣を着せた。


    神像の服でも男性が脱がせたら、不敬なのか……。

    やはり少女版の聖戦士も、恋愛禁止だよね?
    掟を破るとクマ耳にされたりするんだよね?(ねーよ)
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。