スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アニメ『星のカービィ』でよくスポットのあたるキャラ


    アニメ『星のカービィ』で重要なキャラって誰だろう、そんな素朴な疑問を抱いた。

    なので、タイトルに名前が乗った回数を数えてみるというのをやってみた。
    これには議論の余地がある。
    12話は「デデデ城」という「地名」でキャラ名じゃないよな。 「デデデワイド 」は「番組名」だよな。でもどっちもデデデが重要な役を演じている。
    エスカルゴン・ロボは、ゲスト名とすべきなのか。

    判定が微妙なので、地名や番組名も含めて、まずは機械的にカウントした。
    「第69話 ウィスピーの森のエコツアー」はウィスピーウッズにカウントした。

    タイトルに名前が2回以上登場するキャラのみカウント。メーベルの大予言は前後編なので、1話にカウント。

    カービィ 第15話 第30話 第51話 第93話 第95話 第100話
    デデデ 第12話 第28話 第37話 第49話 第55話 第90話 第91話
    ウィスピーウッズ 第5話 第27話 第44話 第69話
    エスカルゴン 第25話 第39話 第78話 第88話
    ナックルジョー 第19話 第40話 第65話
    ワドルディ 第47話 第72話 第92話
    キュリオ 第8話 第84話

    詳しいタイトルはウィキペディアを参照。

    デデデの場合は、地名や番組名も含まれると考えると、もっとも重要なキャラは主人公であるカービィ。次いでデデデ。ウィスピーウッズがタイトルに入っていても、アコル回とかウィスピーウッズほぼ出てこないしな。重要人物でも、カスタマーサービス回なんてものはないし。

    じゃあ、修正込みで、カービィ、デデデ、エスカルゴン、ウィスピーウッズ、ナックルジョー、ワドルディ、キュリオの順なのだろうか?

    やはり内容で判定した方が良さそうだ。というわけで、主観でリスト化してみた。

    デデデ回とカービィ回は、判定しにくいので省略。

    メタナイト回
    第3話 え! メタナイト卿と対決?  吉川惣司
    第26話 忠誠! ソードとブレイド 野添梨麻
    第60話 宝剣ギャラクシア! 山口伸明

    ダイナブレイド回
    第7話 逆襲! ダイナブレイド 国沢真理子
    第23話 迷子のダイナベイビー 国沢真理子
    第87話 襲撃! カラスの勝手軍団 国沢真理子

    ナックルジョー回
    第19話 ナックルジョーがやって来た! 野添梨麻
    第40話 魔獣ハンターナックルジョー! 野添梨麻
    第65話 逃げてきたナックルジョー 野添梨麻

    ワドルディ回
    第47話 帰れ、愛しのワドルディ 野添梨麻
    第72話 ワドルディ売ります 野添梨麻
    第92話 ワドルディの食文化大革命 下由あい

    フーム回
    第16話 私を愛したサカナ 山口伸明
    第67話 魔獣教師2 吉川惣司
    第89話 オタアニメ! 星のフームたん 国沢真理子 吉川惣司


    カワサキ回
    第11話 宮廷シェフ・カワサキ 山口伸明
    第29話 激辛! ファミレス戦争 国沢真理子
    第34話 究極鉄人、コックオオサカ 野添梨麻
    第68話 勝ち抜け! デリバリー時代 あんのうん
    第73話 まわれ! 回転寿司 吉川惣司
    第86話 弟子対決! コックナゴヤ あんのうん


    エスカルゴン回
    第12話 デデデ城のユーレイ 国沢真理子
    第25話 エスカルゴン、まぶたの母 国沢真理子
    第39話 忘却のエスカルゴン あんのうん
    第55話 ある愛のデデデ あんのうん
    第78話 発進! エスカルゴン・ロボ あんのうん
    第88話 はだかのエスカルゴン あんのうん

    メタナイト回が少ない。しかも担当者がばらばら。
    ワドルディ回は最初の2回が同じ人。
    ナックルジョー回は3回とも同じ人。
    カワサキ回が多い。しかもアイデア勝負する気か、担当者がほぼかぶらない。
    オリジナルキャラの、エスカルゴンにスポットをあてた回が多い。しかも担当者が明確。
    上のリストにはないが、ウィスピー関連回も最初の話をのぞき、一人の脚本家が担当している。

    このリストには議論の余地がある。
    「第16話 私を愛したサカナ」はカイン回じゃないかとか、「第26話 忠誠! ソードとブレイド」はタイトル通り、ソードとブレイド回じゃないかとか。

    ウィスピー回の多さは、このアニメのテーマのひとつに「自然保護」があるからだろう。
    カービィと仲間との友情を描く! という路線なら、カービィ回とメタナイト回、ナックルジョー回。
    デデデと部下達の関係を描くという路線で、ワドルディ回とエスカルゴン回があるんだろう。ワドルディ回の2回は、ナックルジョー回と担当脚本家が同じで忠誠心路線。
    エスカルゴンって放映当時から、スタッフと視聴者に受けていたのかな。担当者が決まっているということは、キャラがぶれないようにしているってことで、案外エスカルゴンの物語は、シリアスな物語なのかも。
    スポンサーサイト

    タグ : アニカビ

    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。