スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「虫のおもしろ私生活」ピノッキオ編著を読んで

    私生活? まるで虫に公務があるかのような。
    虫のおもしろ私生活」は初心者用の図鑑と雑学本を兼ねた本だ。
    私生活の内容は、食事、交尾、育児など。

    子供向けではないようで、ふりがなはなく、捕食写真と交尾写真多め。
    小さいながらもカラスの死体でハエの幼虫が育っている写真などもある。
    中学生以上かな。高校生におすすめかも。

    写真をとった虫の正確な名前を調べる役には立たない。
    「地面」や「池」や「花の上」などのように、見つけた場所をたよりに本をめくり「トンボの仲間」や「ザトウムシの仲間」だと知る。運が良ければ、自分の探していた種の写真が載っているかも知れない。
    すみかが違うので「チョウの仲間」と「イモムシの仲間」をあえてわけていたりする。

    タイトル通り、面白い話がカラー写真や一コママンガ風挿絵付きで多く載っているので、虫や自然が好きな人におすすめかも。

    載っている面白い話の具体例をいくつか。
    昆虫でオスが幼虫に給餌をするのは、モンシデムシの仲間だけしか見つかっていない。
    アゲハチョウの仲間のメスは前足の先で、葉の味を見て産卵する。
    日本にもフンコロガシの仲間はいる。マメダルマコガネという。しかし体の大きさが2mmで、転がす糞のサイズも2~3mmというミニサイズ。見つけられる気がしない……。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。