解離体験尺度

    引用しようと思って、久しぶりに解離体験尺度(解離体験スケール)を検索したら、以前あった数値を自動で計算してくれるタイプのページはなくなっていました。
    どうしようかと考えましたが、「紙と鉛筆をご用意ください」というより、「大雑把ですが、自動で計算します」という方が需要あるよね、と思って作成しました。
    Javaスクリプトで動きます。自分の解離体験が、どの程度のものか知りたい方はどうぞ。
    解離体験尺度

    以下、『星のカービィ』系統の読者様用解説

    これは、簡単にいうと憑依体験の有無をチェックするためのテストです。
    以前書いたように、精神医学の世界では「憑依」は「解離」という用語で語られます。
    多重人格者は「しばしば誰かにとりつかれる人」「よく誰かに体を乗っ取られている人」なのです。

    ある多重人格者は、多重人格者になった時の体験をこう述べています。

    あたかも体の後ろから誰かに侵入された、と感じた
    DSM-5における解離性障害 改訂版 (5) より



    病的な憑依と、儀式や演技の延長としての憑依をわけるものは、「憑依されていた時の記憶があるかどうか」です。

    「人格が交代していた時の記憶がない(誰かに体を乗っ取られていた時の記憶がない)」
    これが日常的にあるかどうかを文章で質問すると、こうなります。

    質問3 どのようにしてたどり着いたか全くわからないのに,ある場所にいることに気づく人がいます.どの位の割合でそのような経験がありますか.

    質問25 したことを覚えていないのに,実際はある事をしていた証拠に気づく人がいます.どの位の割合でそのような経験がありますか.



    「はっ! ここはどこぞい! わしは何をしていたぞい!?」
    みたいな、アニメやゲームやマンガによくある経験があるかどうかを、この解離体験尺度は大まじめに聞いているのです。
    なぜならそういう人が、ある程度の数実在するからです。このテストはそういう人達を見わけ、適切に治療するためにつくられました。

    アニメ版星のカービィでは吉川監督回の操られデデデその他と、あんのうん脚本回の憑依されるデデデとエスカルゴンが病的であるといえましょう。
    ゲーム版ではトリデラや毛糸の操られデデデも、記憶がなさそうではあります。
    ダークマター一族にとりつかれていた時も、記憶がなさそうです。

    それでは最も「憑依」を体現するデデデは、どのデデデか……。
    下村さんの担当した2と3のデデデです。
    「元の人格に憑依されていた時の記憶がなさそう」
    「しかし憑依していた側の人格と記憶が別個に存在する」
    この二点から多重人格的な「憑依」であると考えました。
    たとえば、アニメ版の「ある愛のデデデ」の回でデデデがとりつかれたトゲイラは、別個の人格といえるほどのものがあるわけではありません。

    関連ファイル
    操られるデデデの考察 ‐洗脳・解離・催眠・憑依
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する