スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ギルガメシュ叙事詩

    美形で金持ちで血筋もよくて社会的地位も高く、女にモテまくりで、好き勝手のし放題だった天才が居た。そんな彼よりも強い男が現れた。その男は森で動物と共に暮らしていた。だが、そんな野生児に天才は一人の女を差し向けて、人間らしくしてしまう。女に連れられて野生児は天才に出会い対決する。彼らの戦いは激しく、どちらも倒れなかった。そして、野生児は天才の方こそ、世界一の男であると認めた。そして、友を得た天才はわがままな振る舞いをやめた。やがて二人は、共に力を合わせて敵と戦い、勝利を治めた。
    どこの少年漫画だって感じですが、この話は『ギルガメシュ叙事詩』の前半のあらすじです。気付かれた人もいらっしゃるかもしれませんね。
    細かい話は今はしませんが、これは楔形文字で粘土板に刻まれた物語を解読したものです。ざっと、数千年前のチグリス・ユーフラテス。その真の姿は砂の中にいまだ埋もれたままの、ロマンティックストーリー。
    上で「天才」と書いたのはギルガメシュ王。強くて賢くて美形の暴君。その身の三分の二は神。三分の一は人。まさに「神の申し子」。その彼は様々な圧制を行い、臣下の娘や妻をわがものとし、人々を嘆かせた。人々の嘆きを聞いた神々は、一人の男を土から作り、森の中に置いた。それがエンキドゥ。まさに「おまえと戦うために生まれてきた」状態。
    現代の少年漫画なら、野生児とか庶民派とかいう方が主人公になりますが、この叙事詩はインテリ向けの物語だったのでしょう。
    野生児が天才を変える話、とすると今の少年漫画でもよくあるでしょう。少女漫画でやったら、『のだめカンタービレ』。宿命のライバルだったら、『ガラスの仮面』。
    野生児が恋で変わる話、という話は『ジャングルの王者 ターちゃん』じゃなかった、『ターザン』でもありますし、『美女と野獣』タイプの話なのかもしれません。
    ちなみにこの天才と野生児の好敵手にして親友の物語は、ゆでたまご先生のパターンではない気がします。むしろ梶原先生ですね。梶原先生の方が古典的ということでしょう。
    「花形=ギルガメシュ 星飛雄馬=エンキドゥ」とか「星飛雄馬=ギルガメシュ 伴宙太=エンキドゥ(あるいはその逆)」とか。ぴったりくる気がしませんか?
    『ドラゴンボール』はやはり、「ベジータ=ギルガメシュ 孫悟空=エンキドゥ」なんでしょうか? 
    『キン肉マン』は、「バラクーダ=ギルガメシュ キン肉マン(ウォーズマン)=エンキドゥ」とも考えられますが、キン肉マンの親友というとテリーマンの印象が強い……そんなこと言ったら、孫悟空の親友もクリリンなわけですが。
    男にとって好敵手ってなんでしょう?
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。