スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    初音ミク達ボーカロイドの「調教」という言葉

    初音ミクやKAITO等の音声合成ソフトの音声を細かく調整する事は、一部で「調教」と言われています。
    しかし、この言い方には違和感がある人もいるみたいで「調声」という、造語でいおうとする人もいるようです。なお、本来の「調声」(ちょうしょう)は仏教用語?です。 「調教」という言葉をヤフーの辞書で引くとこうなります。

    国語辞書との一致 (1~1件目 / 1件) 検索辞書:大辞泉 提供:JapanKnowledge

    ちょう‐きょう【調教】
    [名](スル)動物を目的に応じて訓練すること。「盲導犬として―する」「―師」



    きっと「調教」という言葉をいやがる人は、シンセサイザーを動物扱いすることに違和感を抱いているのでしょう。


    はいはいわかってますよ。
    「人間を動物並に扱うSM的なものを連想する」から、調教という言葉をいやがっているのですね。
    機械を人間扱いした上で動物扱いする、ややこしい時代になったもんです。
    まあ、ソフトのパッケージがこんなんですから。



    ですが、わたしが知る限り最も古く、シンセサイザーに対して「調教」と言ったのは、神谷重徳です。彼はレーサーの経験のある、機械に詳しい、シンセサイザー・プログラマーです。彼は「電子音楽イン・ジャパン」(1998年発行)という本の中でこう語っています。

    僕にとってのシンセサイザーというのは、自分の思っている方向に調教できる楽器って意味が強いですから。




    電子音楽in Japan


    (この画像は私の持っている旧版ではなく、新版の物です。)
    ここでこの人のいっている「調教」というのは、「プログラムを書き換える」レベルの事なんですけれども。DTMユーザーの世界では、黎明期から「調教」といっていたのかもしれませんね。
    この神谷さんの活躍した時代のシンセサイザーというのはアープ2600等の、ピアノ並みのサイズがあるような代物です。
    黒く大きく、扱いにくいその時代のシンセサイザーは、レースマシンのように、乗りこなすのが難しい「猛獣」でした。

    そんなシンセサイザーを萌え美少女化したという点では、MEIKOや初音ミクは画期的でした。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。