スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2005年12月31日 K-1 Dynamite!!

    K-1の中尾対ヒーリング戦以外の試合についてメモ程度に。
    ちなみに安い席でリングが手のひらの上のマッチ箱サイズに、見える距離でした。

    第一試合

    大山峻護対ピーター・アーツ

    試合時間は30秒。大山がピーター・アーツをあっという間に足首固めで勝利していました。
    この決着の早さが格闘技らしさのなのか、と思いました。
    正直、何がなんだかわかりませんでした。
    殴りかかる、絡み合って倒れる、決まるまでが、えーとえーとの間でした。

    第二試合

    ジェロム・レ・バンナ対アラン・カラエフ。

    バンナが相手を殴ってKOしていました。
    この後、カラエフは病院に運ばれたらしいです。

    第4試合

    永田克彦対レミギウス・モリカビュチス

    事前に特集番組を見て、期待していたのはこの永田選手でした。
    レスリングのオリンピックメダリストなんですよね。
    ぱたっ、ぱたっと相手を低い位置でひっくり返す、アマレスらしい投げが印象的でした。
    それで相手をひっくり返しては覆い被さっていく。そんな地味で上手い試合で勝利を収めていました。
    デビュー戦ですし、意地でも負けられなかったんでしょうね。
    地味な展開に「ドロップキック見せろー」とか野次られたりしていました。
    まあ、兄がプロレスラーだし。
    面白かったです。
    正統派のテクニシャンか、何か間違っている人が好きなので、今後も見ていきたい選手です。

    第5試合

    レミー・ボンヤスキー対ザ・プレデター

    キックを得意とするK-1元王者とプロレスラーを寝技無しの、K-1ルールであてるということで、連れの格闘マニア(武蔵がいなかった頃のK-1を観戦したことがある)は、派手なKO劇を演出するために、このマッチはメイクされたんだと言って、試合前にプロレスラーに同情していました。
    ちなみに、ブルーザー・ブロディのコピーレスラーらしいのですが、わたしは後でブルーザー・ブロディの写真を見て「ザ・プレデターそっくり」とかいうレベルのニワカでした。

    が、この試合、意外にプレデターが粘って、延長までしました。

    ザ・プレデターの痛いよ、とでもいいたげに目を細めつつも、相手に向かっていく姿が格好良かったです。
    油断か不調か、最初は手加減してやろうという王者の余裕か、3ラウンド目でようやく出されたボンヤスキーの膝蹴りは美しかったですね。リプレイを見ると、ちゃんとあごに入ったらしいし。

    この試合は元王者の判定勝ちでしたが、観客はプレデターの健闘を讃え、判定でボヤンスキーの勝利となった時は、ブーイングが起きました。

    実はプレデターは、レスリングの大学選手権王者だったそうで、以前もこの大会に出て勝利しているらしいです。それにしてもすごいですね。

    第6試合
    武蔵対ボブ・サップ

    おお、これがキン肉マンII世のカバーの折り返しに登場していた武蔵か。
    ボブ・サップも生で見るとは思いませんでした。
    いや、格闘技とか興味なかったし、あまりテレビで見た人を生で見るという経験がないのですよ。
    ジャガー横田すら、生で見た後にテレビで見ました。そして、芸風の幅の広い人だなあ、という感想を抱いたのは内緒です。

    サップ、テレビで見るより小さいな。席が遠いから。
    まあ、トップロープの高さと比較すれば、わかるんですが。

    観客はこれまでに比べれば少し湧いた程度の反応で両者を迎えました。
    打撃主体でわかりやすかったですね。

    連れ「サップは痛みに弱いから、追い込まれると逃げ腰になっちゃうんだよ。」
    わたし「人としてまともですね。」
    連れ 「いや……そうなんだけど……。」

    サップが武蔵の後頭部を2発殴り、イエローカードを貰っていました。
    そして試合が中断され、武蔵に5分の休憩が与えられることになったのですが、ここで武蔵選手が「3分でいい」と。
    これで会場は湧きましたね。

    第7試合

    魔裟斗対大東旭

    記憶にございません。

    第8試合

    セーム・シュルト対アーネスト・ホースト

    この試合は新旧王者対決でした。
    同じオランダ人なんですね。オランダも格闘技が盛んな国だというのは、記憶にあります。
    それで、母国の英雄の座を奪われたホーストが、新たな王者に挑戦状をたたきつけたようです。
    新旧王者はそれぞれ、入場の時にベルトを掲げていました。
    そして、かつての王者は血を流して敗れ、新たな王者のシュルトは自分こそが「今の」チャンピオンであると、腕を上げて誇りました。
    覚悟の上での挑戦でしょうが、負けた方が気の毒でした。

    第9試合

    曙対ボビー・オロゴン

    元横綱対芸能人という異例のカード。

    テレビとかでも散々煽られて、待ってました、この試合。

    テレビの「曙は 除夜の鐘では ありません」という視聴者川柳が印象に残っています。
    あけぼのー、とか、ボビー、とかいう子供の声などが飛び交っていました。
    ボビーは身軽で曙は相撲取りらしい戦い方でした。
    ああ、ここが土俵ならとっくにボビーは押しだされて、押し倒されて、土付けられてるんだろうなー、という感じ。
    でも、コーナーに追いつめても殴れないし、倒して上にのるのは上手いが、その後関節技とか極まらないし。
    なんか、自爆という感じに足がもつれて転んだりもしていました。
    相撲取りは長時間戦わないしなー。
    最後の方はお互い近づきたがらなくて、あえていうならボビーが身軽に飛び跳ねながら殴ったりしていました。
    何度も審判が「もあ、あぐれっしぶ(もっと攻めなさい)」とかいう展開に、「ころがれー、ぼのー」とかいう野次が飛び、それで笑いが起こったりしていました。
    連れは、曙を途中まで応援していた人が、「もういい、やてまえボビー!」と叫んだのが、印象に残っているそうです。それは見捨てられる瞬間。

    ちなみにものを投げられないためでしょう、缶やペットボトルの持ち込みは禁止でした。ビール売りはビールを紙コップに注いで売っていました。

    第10試合

    ホイス・グレイシー対所英男

    所は逆境ファイターという、入場テーマ曲がすごく印象に強いです。
    で、何度かグレイシーにつかまれて、絡んでくる腕や足を抜けたり体勢を入れ換えたりしていました。
    その度に観客がおおーっと沸きました。寝技の攻防でここまで沸くなんて、むしろ観客の皆さんを尊敬しました。

    グレイシーの必勝パターンが、観客に覚えられているから、こうやって所が抜けると観客が盛り上がるんだろうな、と思いました。
    今度来るときはもう少し「グレイシーの必勝パターン」に詳しくなりたいです。
    時代遅れな気もするけど、まだ現役選手なんですし。

    第11試合

    山本“KID”徳郁対須藤元気

    和風で派手な元気の入場が印象に残っています。
    大晦日らしいな、と。
    山本選手は肉2世のコミックスの帯で、その名に覚えがあります。
    スグルとウォーズのかわいい似顔絵を書いていました。

    試合は最後に仰向けになった元気に凄い早さで、山本がパンチを次々に打ち込むあの場面しか覚えていません。それを止めるレフェリー、驚いてレフェリーを見る元気。
    そして、山本選手の勝利となりました。

    最後の表彰式には天から金色に輝くテープが降り、スクリーンには花火の映像が映っていました。
    生で女性歌手によりアメージンググレイスや、蛍の光が歌われるなか、観客は潮が引くように退場していきました。
    最後には「一年間どうもありがとうございました。来年もよろしくお願いします」というような挨拶が縦長のスクリーンに映り、年末らしくしめていました。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。