商業出版物の感想や要望は誰に伝えるべきか

    同人誌やネットの二次創作なら、感想はネットで作家本人に伝えればよい。しかし、商業出版の場合は違うらしい。

    「ええと、メールやツイッターで著者に感想を送っても駄目なんです、ごめんなさい。本を出すかどうかを決めるのは出版社だもので。(中略)
    ぶっちゃけてしまうと、本書も親本『何がなんでも作家になりたい!』係宛の「手書きのお手紙」が編集部に、十年間たえず送られつづけたために、刊行の運びとなりました」
    新・何がなんでも作家になりたい!



    本や漫画の場合なら、出版社にあてた手書きのお手紙は微力でも無力じゃない。

    商業作家でもエゴサーチしている人がいて、Twitterで書名をつぶやくと作家の公式アカウントからRTやいいねが飛んでくることがある。作家に伝えたければ、ネットでだけ訴えるのでもいいかもしれない。が、出版社を動かすには上記引用文のように、出版社に感想のお手紙だ。アニメ会社やゲーム会社だって直接訴えた方がいいだろう。

    例えば、アニメ『星のカービィ』の全話DVD化を望む場合も、ネットでただつぶやくのでは効果はのぞめないだろう。
    こういう場合は「任天堂、ハル研究所、CBC、エイベックスに公式のメールフォームとお葉書でDVD化を要望しよう!」という活動をネットですべきなのだろうか。カービィミュージアムにアニメ関係の資料も展示したハルはまだしも、エイベックスあたりはアニカビのことをほぼ忘れてそうだ。

    電子版の読者がもし「物足りない」とお感じならば、スタッフは生存しているし、訴えようでは、高橋監督が死の床にあっても書くだろう。

    装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ』電子版の吉川惣司氏の後書きより。



    この後書きは「こういうボトムズを書きたいんだけど、どう? 読みたいなら言ってくれれば高橋監督や自分をふくむスタッフが書くかもしれない」と、読めないこともない。この場合はホビージャパンにはがきを出せばいいのかもしれない。
    当然ながら、ボトムズのメイン脚本家であり、三冊のノベライズを担当した吉川惣司氏といえど、サンライズが許可を出さなければ書けない。

    公式二次著作物だと商業出版できるほどの「読者の要望」というものが必要なのだ。アマチュアのネット小説だと一人から要望されたというだけで書く作家はいる。だが、商業だとそれなりの数が「買います!」と宣言しないと、ノベライズ担当作家個人では動けない。
    二次創作のコミュニティに所属すると感覚が狂うけどな。

    この後書きの日付は、2016年8月。
    同年9月9日から、高橋監督のボトムズ小説を連載した、矢立文庫(サンライズ)には住所や感想用メールフォームがみあたらないので、つぶやけってことだろう。
    http://www.yatate.net/

    商業出版も電子版の普及にともない、ネットでの感想や要望も重視するようになっていくだろうが、今はまだ手書きのお手紙が強い段階なのだろう。
    スポンサーサイト

    タグ : アニカビ ボトムズ

    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する