FC2ブログ

    エスカルゴンの名前について

    エスカルゴンの名前は、フランス語でかたつむりを意味するエスカルゴ(escargot)からきているものと思われる。末尾がゴンになっているのは、『星のカービィ』というアニメが怪獣退治ものだからではなかろうか。

    「イグアノドン」や「ヒプシロフォドン」などの「ドン」は、ギリシャ語で「歯」という意味の単語「odont」から来ています。
    「なんとかゴン」という名前は、怪獣に時々使われますが、「ゴン」に学問的な意味はありません。
    福井県立恐竜博物館
    https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/app/webroot/dino/faq/0029.html



    なお、ドラゴンという語はギリシア語のドラコーン(蛇)に由来する。
    ※Wikipedia調べ

    ちなみにエスカルゴンという名前を持つキャラクターは他にも存在する。なぜか重機もあるでゲス。



    では英語名であるEscargoonはどうだろうか。これはおそらくescargot+goonだ。

    goon
    1.〈俗〉〔雇われた〕暴力団、ならず者
    2.〈俗〉ばか、間抜け

    英辞郎より
    https://eow.alc.co.jp/search?q=goon

    映画、ゲームのグーニーズ(The Goonies)もこの意味。
    つまり、間抜けなカタツムリか、ならずものカタツムリ。

    エスカルゴンの名前は、日本語だとカタツムリ怪獣。英語だとカタツムリのクズということに。日本語名だと外見重視の名付け、英語版は役割重視の名付けかな。

    スポンサーサイト

    『チックンタックン』電子版の感想

    鳥キャラ探索中ということで、電子版の『チックンタックン』を読む。うむ、丸くて黄色い足のペンギンだ。


    1985年まで学研の○年の学習や○年の科学に連載されていた漫画。雑誌は今は休刊になっているが、当時は売れている雑誌だった。絵は石ノ森章太郎先生。1984年にアニメ化もされた。これが懐かしい人は40代ぐらいかな。
    簡単にいえば、小学生の美少女のところにペンギンに似た二頭身の宇宙人が帽子型のじいやを連れて居候に来る。電子版1巻の表紙の三人がこれで、少女はミコちゃん、宇宙人はチックン、帽子がタックン。美少女の家に変な居候というのは、藤子先生より手塚先生の『三つ目が通る』に近い印象だ。
    電子版の立ち読みはここで可能。
    https://booklive.jp/product/index/title_id/60000814/vol_no/001?utm_campaign=sns-tw&utm_source=social&utm_content=product-index&utm_medium=social&bl_inno=none
    紙の単行本の『チクタク大冒険(石ノ森章太郎萬画大全集)』は、京都国際マンガミュージアムに所蔵されている。
    https://mediaarts-db.bunka.go.jp/mg/book_titles/183318

    電子版1巻は「科学」の掲載作を収録、2巻は「学習」の掲載作を収録している。
    Wikipediaの記述を信じるなら、1巻だけが「絵がアシスタントではなく石ノ森章太郎」である。
    なお、1巻の絵は人物が小さめで、複数の人物がひとつのコマに描かれていることが多い。

    科学まんがなので、科学知識が漫画の中に織り込まれている。
    「かたつむりににんじんばかりたべさせたら ふんのいろはなにいろになるかな」
    (『1年のかがく』掲載版より)
    「アデリーペンギンなんか、結こんしようと思うと、小石をプレゼントするんだから。」
    (『5年の科学』より)
    学習漫画の方も、学年によっては言葉の起源について語っていたりした。
    まんがの中の家や旅先が、すごく緑豊かで昭和の風景を感じられる。
    木造で瓦屋根の一戸建ての家に、庭に面した木の廊下や竹の縁台、セミのとまれるような木の何本もある庭は、田舎でも少なくなりつつあるだろう。
    季節感はコロコロコミックなども重視しているが、自然に対する思い入れは石ノ森章太郎先生の作風でもあるのだろうか。

    小ネタあれこれ

    主人公のパートナーとしての帽子は『ドロロンえん魔くん』(1973年~)のシャポーじいが、私の知る限りでは一番古いかな。
    最新は『スーパーマリオオデッセイ』のキャッピー。

    敵の親分の家来ロボットのギジギジは『ピクミン』(2001年)のダマグモに似てる。石ノ森先生のデザインなんだろうか。ギジギジがダマグモの元ネタかどうかまではいえないが、1980年代からアニメや漫画であったデザインとはいえる。
    古典SFの世界での、タカアシガニ風メカといえば『宇宙戦争』(小説は1898年)のトライポッド(三脚)が有名。名の通り三本足だ。

    ダマグモは4本足。
    ギジギジは6本足なので、昆虫っぽい。

    2巻の方に、悪役のドクターベルが、家来のギジギジを木製のハンマーでガンガン叩いている話がある。
    シティハンターといい、1980年代は相方をハンマーで殴るのが流行っていたのか? こういうのって、テレビのお笑い番組が流行らせたりしていて、漫画やアニメだけ見ててもわからないんだよね。
    ちなみに、親分の方が千葉繁さんで、家来の方が緒方賢一さんだ。龍田直樹さんは主人公側のロボであるジタバタメカタン。