スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2016年カービィ公式のクリスマス絵の解説

    こちらの企画に@hosiniiruとして参加させていただきました。



    今回はこの星のカービィ25周年公式アカウントのツイートについて。



    登場人物の役割について

    いわゆるwii組勢揃いの絵だと思われる。

    部屋で寝ているカービィ、サンタ姿のデデデ大王、御者としてそりに乗っているメタナイト、トナカイ姿のワドルディ。
    手前の青いニットキャップのワドルディが、バンダナワドルディだろう。
    役割が不明なのが、ヘッドセットをつけているワドルディ。あれは誘導係なのか、どこかへの連絡係なのか。ラジオかテレビで中継していたりして。
    メタナイトがデデデを助けないのかという疑問があるが、あのソリは空に浮かんでいるし、ハルバードに使われているような技術を使った、メタナイトしか操れないソリかもしれない。
    しかし、プレゼントは何だろうな。夢の通り食べ物かもしれないし、お絵かきの道具や楽器だったりな。

    なお、サンタの服装が赤と白になるのは、コカコーラの広告にあの衣装のサンタが採用されてから。赤と白はコカコーラカラーなのだ。デデデはひげと眉をつけただけで、仮装はひかえめだから、あの世界にはコカコーラはないのかも?

    参考リンク

    コカ・コーラにまつわる話
    サンタクロースとコカ・コーラ
    http://www.cocacola.co.jp/history_/story/santa


    暖炉に火はついているの?

    暖炉にあかあかと火をつけたまま眠るとは考えにくいし、さすがのデデデでも煙突から煙が出ていたら、窓からの侵入を考えると思う。
    窓から漏れる明かりは電気だと推測する。
    もし火がついていたら、デデデが鳥の燻製になるな。

    なお、煙突の中にサンタの服を来たパパの死体が発見された、というのは『グレムリン』(監督:ジョー・ダンテ 1984年)という映画の話だ。


    ブラックサンタというものを知っているだろうか。

    ブラックサンタは担いだ白い袋に子供を詰め込んで連れ去るという、タックのようなことをしたりするそうだ。
    サンタクロースの従者が化け物、あるいは黒い姿をしていてそちらがお仕置きするという話もあるそうだ。

    この絵の場合は、メタナイトがデデデの従者役であるので、もし彼らがカービィ以外のおうちにもいくのだとしたら、メタナイトの役割は悪い子にお仕置きをすることかもしれない。
    きっと、靴下におもちゃの代わりに石炭を入れたり、動物の(以下略)

    また、悪い子にはブラックデデデとダークメタナイトが訪れたりするのかもしれない。しかし、彼らがシャドーカービィにプレゼントをあげている可能性だって0じゃない。

    参考リンク

    ブラックサンタクロース(黒サンタ)が来る「悪い子」の条件
    http://www.02320.net/black-santaclaus/
    サンタクロースの起源から子どものしつけを学ぶ
    http://www.huffingtonpost.jp/yumiko-noguchi/santa-claus_b_8654692.html
    ドイツの黒いサンタとは?トリビアの泉で紹介された絵本や歴史を解説。
    http://european-style.net/black-santa/



    そもそもカービィ世界にキリスト教はあるの?

    実はカービィの誕生日とか、過去を反省したデデデ大王が下々の者に施しをする日とか、他の祝い事かもしれないな。
    地球の常識だと、クリスマスにプレゼントをもらえるのは未成年だけだ。
    カービィは「わかもの」のはず。まあ、20過ぎてもお年玉をもらう人もいるが、その類いかな。
    もしかして、クリスマスのルーツである、冬至祭ではないか。
    この日から、少しずつ世界が明るくなるので、古代欧州では重要な祭りだった。
    太陽や月に自らの意思があってけんかもできるカービィ世界に、太陽信仰があるのは当然かもしれない。

    なお、日本の2016年の冬至は12月21日だった。

    参考リンク

    2016年の冬至はいつ?なぜかぼちゃと柚子湯?
    https://allabout.co.jp/gm/gc/220635/
    スポンサーサイト

    「星のカービィ」25周年記念フルオケコンサートのポスターを見て

    こちらの企画に@hosiniiruとして参加させていただきました。



    星のカービィ25周年記念オーケストラコンサートの画像を見て、ツイートしたことを一時間未満でまとめなおしました。

    服装

    全員が蝶ネクタイにシルクハット、燕尾服という男性の夜間の礼服を基本にした、衣装を身につけている。コーラス隊はなぜかベレー帽。


    担当している楽器

    見た目から判断するに、それぞれの担当はこう

    カービィ 指揮
    デデデ大王 コントラバス
    メタナイト ビオラ(ヴィオラ)
    ワドルディ トランペット
    ワドルドゥ バイオリン(ヴァイオリン)
    チリー クラリネット
    ブレイド サックス(サクソフォーン) 
    ボンカース ティンパニ
    フロスティ チューバ(テューバ)
    ブリッパー コーラス
    キャピィ コーラス

    ビオラはバイオリンより大きい、バイオリンに似た楽器。
    メタナイトの持っている弦楽器が、ワドルドゥの持っている弦楽器より一回り大きいのでビオラと判断した。小さめのバイオリンと大きめのバイオリンという可能性を、完全に否定はしない。
    ビオラだとするとワドルドゥのバイオリンと、デデデのコントラバスの間の音域を受け持つサポート役ということになるな。
    ビオラは目立たない役割のことが多いせいか、ビオラ奏者は「声が低めで穏やかで人当たりの良い紳士」が多いらしい

    NHK ららら♪クラシック ビオラ
    http://www.nhk.or.jp/lalala/archive161119.html

    デデデのコントラバスについては、同じような大きさの弦楽器としてチェロがあるが、楽器の形がなで肩なので、コントラバスと判断した。

    チェロ ウィキペディア
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AD
    コントラバス
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%90%E3%82%B9

    演奏技術

    彼らの腕前はどの程度なのかというと、趣味の範囲の可能性も高いのではないかと思う。

    私はほんの少しバイオリンを習ったが、弦楽器は指で細い弦を一本ずつ、次々に押さえることで音の高低を変える。
    手袋をしたまま、チェロが弾けるならデデデ大王やメタナイトは、器用なんてもんじゃない気がする。一応絵を見るとデデデは手袋をしつつも一本指で、弦をおさえているらしいのだが、メタナイトとワドルドゥは……。
    まあ、プププランドの楽器はあれで鳴るという可能性もある。
    戦いでも何かを叩く担当のデデデは、トリデラのタンバリン、マーチングバンドの太鼓と来て今回は弦楽器。実は手先が器用なのだろうか。同じくハンマーのボンカースが、今回打楽器を担当することになったから、ボンカースよりは器用なデデデが、ということなのかもしれない。

    この絵は「下手でも楽しければいいよ」というカービィの言葉で、みんな集まってお遊戯会をしているという可能性もある。全員が上手いとは、誰も言っていない。
    しかし、カービィが歌は下手だが、実はリズム感があって指揮者としてくせ者揃いのグループをまとめあげるという、格好良い話だったりするのかもしれない。


    終わりに

    通常オーケストラの編成にタンバリンは含まれない。だが、カービィコンサートでグルメレースあたりの曲を演奏する際に、タンバリンを編成にくわえると、お客に受けるのではないだろうか。


    参考

    星のカービィ25周年記念公式サイト
    http://www.kirby.jp/25th/

    『写真集 交尾』という性教育の本を買った

    写真集 交尾』という子供のための科学的な性教育の本がある。小学生にも読めるようにふりがなつきだ。
    ちなみに、一ページ目にはマダカアワビの体外受精とアフリカマイマイの交尾の写真が掲載されている。アフリカマイマイは人を死に至らしめる寄生虫の宿主であり、日本では有害動物指定を受けている。エスカルゴの代用として食用にされたりもする。それと、人間がやるのは難しそうな格好で、アデリーペンギンが交尾しながらキスしている写真が掲載されている。他にはスズメとか。身近な鳥だが、そういえば交尾は見たことがなかった。

    Eテレが『香川照之の昆虫すごいぜ!』などの子供も見るような動物番組で交尾をとりあげるのも正しい生物学教育であるとともに、正しい性教育を目指しているのだろう。未来ある子供達に動物性愛の傾向をもたせようとかではない……はず。

    ルポ 餓死現場で生きる (ちくま新書)』には子供は神からの贈り物と考える発展途上国での、避妊具の普及の難しさを書いたくだりがある。避妊は呪術によって行うのが、彼らの常識なのだ。「動物は交尾で子孫を残す」や「精子と卵子が合体して赤ちゃんが生まれる」と小学生に教育するのは、避妊教育の前準備でもあるのだ。
    子供が出来ませんように、と神に祈ることをおかしいと思う人もいるかもしれないが、子供が出来ますようにと神に祈る人は現代日本でもたくさんいるのだ。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。