FC2ブログ

    空港で「飛行機に乗るのがおもしろくなる本」を買った


    「飛行機に乗るのがおもしろくなる本」 エアライン研究会

    2007年に発行された本ですが、これから飛行機にのる人がよく買うのか
    空港のお土産ショップにこの文庫本が置いてありました。

    いわゆる雑学本ですが、飛行機に乗るときや乗った後には良い本です。
    この前のフライトで私は、飛行機の翼の近くの席でした。
    グレムリンが見えそうな席ですね。
    この「グレムリンが見える」というのは、「トワイライト・ゾーン」の「2万フィートの戦慄」のネタです。実は映画をみたことがなく、小説版で読んだので、きっと世間の多くの人とは違うグレムリンを想像しています。そう、ゲームの女神転生の影響をきっと受けています。

    その翼の近くの席だと離陸や着陸の前後に、翼のはじがぱたぱたするのが見えます。
    それがスポイラーというエア・ブレーキだということ。翼からたくさんつきだしているボールペンのようなものは、避雷針だということ。実は白い翼の中は燃料タンクだということ
    実物を見ながらの雑学本は、面白く読めました。

    次は新幹線の本を読みながら、新幹線に乗りますか。

    スポンサーサイト

    あまちゃんの三陸鉄道

    以前、朝ドラのあまちゃんで電車の運転手の大吉さんが
    タクシー運転手の正宗さんに
    「北三陸鉄道は電線がない。つまり電車じゃなくて、汽車なんだ。
    ディーゼルなんだ。
    もっといえば、線路を走るバスなんだ」というようなことを自虐を込めていっている場面がありました。
    そういえば、オープニングの電車に電線はない。

    春子さんを正宗さんにゆずろうとする場面とはいえ、
    北三陸鉄道(モデルは三陸鉄道)を悪く言っていないか? と
    ちょっと引っかかったのですが、月曜日から
    東日本大震災編ですよね。

    >地震直後から停電し、携帯電話も通話不能が続く中、
    >ディーゼルの車両は電気も暖房も問題なく使用できた。
    【望月正彦】津波から逃れた奇跡の1両 地域のために死力を尽くす

    電車じゃない、をはじめとする大吉さんの自虐は
    大吉さんと北三陸鉄道が復旧のために大活躍する場面の前振りだったんですね。