精神医学書に記された「憑依」

    憑依という現象は精神医学と民俗学、人類学、宗教学などにまたがる複雑な問題である。

    何らかの霊に憑依されたと訴えるのは若い女性が多い。彼女らは、「心霊現象」として、お祓い師に任されるのが伝統だった。
    悪霊が祓われた後は、彼女ら自身が新たなお祓い師になることも多かった。
    精神科医といういわば新参の存在が、それらの治療に乗りだして、「憑依(解離)」に関して科学的な研究を世界的に進めている。
    まあ今時の普通の人には「祈祷師」のつてなどないだろう。精神科医は簡単に探せるが。
    水木しげるの『のんのんばあとオレ』は拝み屋の妻と少年の交流を描いた作品だ。この作品に描かれた時代は昭和初期だ。現代では田舎ですら難しい話だろう。
    日本における憑依の歴史については、『日本の憑きもの』や『神子と修験の宗教民族学的研究』という本を参考にどうぞ。

    米国精神医学会がまとめた『DSM‐IV‐TRケースブック』という本がある。
    この中に「憑依体験」の例がいくつかおさめられている。憑依は精神医学の世界では多くの場合「解離」という言葉を使って語られる。

    憑依に関する資料としては、旧版である『DSM‐IV‐TRケースブック』の方がおすすめ。
    数例しか載っていないが、最新版の『DSM-5 ケースファイル』では解離の症例はあれど、「憑依体験」はひとつもないからだ。

    DSM‐IV‐TRケースブック』には「世界各国からの症例」という章があって、アフリカの「心霊憑依運動」や中南米の「幽霊」に取り憑かれた女性の話などが載っている。

    アフリカではまだ「霊がついた女性」が「魔術師になった存在」として好意的に受け止められる余地があるようだ。
    中南米の症例でも「霊がついた女性」が「魔術師になった存在」として祈祷師のコミュニティに所属し、やがてトランス能力が衰えて普通の女性になる話がある。
    しかし「霊がついた女性」は「悪霊に苦しめられる存在」でもある。キリスト教化された世界からだろうか。

    「憑依」や「悪魔憑き」というのは、フィクションではよく目にする現象ではあるが、専門書で読んだことのある人はそれほど多くないだろう。
    ということで、コロンビアの「幽霊」という14歳の少女の症例から引用する。病名は「特定不能の精神病性障害(暫定診断)」。

    あるとき、朝食の際にウルスリナは誰かが滑らかで氷のように冷たい手で彼女を抱き、自分の目が塞がれるのを感じた。

    彼女がお祈りを捧げると彼はからかった。彼女の手から十字架を叩き落とし、「おまえや皆がどれだけ祈っても、私は決しておまえを離さない。おまえは永久に私のものだ、さあ来い、行こう」と彼女に言った。

    彼女がシャワーを浴びているとニヤッと笑って「さすってほしいかい」と聞いた。ある日、彼女の左胸を強くにぎったので彼女は痛みで気を失ってしまった。


    悪霊にとりつかれて、体をさらわれたり、裸を見られたり、俺のモノ宣言をされるのは、どっかの二次創作でもありそうだが、こういう学術的な本にもそういう記述はある。

    他の「悪霊と霊柩車」という症例(病名は、「解離性トランス障害を伴う、大うつ病性障害」)にも、寝ている自分の上に乗った霊に性交を迫られるという記述があった。
    どうみてもインキュバスです。

    「若い女性が悪霊に取り憑かれた」と聞いて、
    「その霊は性的な悪戯をしかけてくるんだろうか」と考えても「だいたいあってる」のだ。
    つのだじろうのまんがにもこういうのがあったような。
    ただ上記の症例は全文読むと、『エクソシスト』的な怪奇現象だ。「霊が実在する」とされる文化では、個人の空想であるはずのものが、家族や周囲も巻き込む。

    現代では解離性障害と診断される女性のどれだけが「悪魔と交わった魔女」として、中世のヨーロッパで処刑されたのだろう。

    手持ちの本の症例に「男性が女性の悪霊に誘惑される」というのはなかった。
    西洋の伝承ではサキュバスのことになるだろうか。
    アレイスター・クロウリーの小説にはそういう話もあった。

    男性が男性に取り憑く。
    一神教の神は基本的にこれ。男性である神の声を聞いた男性が教祖になるのは、現代でもよくある光景だ。
    だが、「憑依」の症例として、男性に男性が憑くのは手持ちの資料になかった。
    多重人格者の症例としては、男性の中に男性の人格があるのはよくあることのはずなんだが、男性はそれを「憑依」ととらえないのだろうか。
    有名なビリー・ミリガンは男女混合チーム。

    女性が女性に取り憑く。
    女性の中に女性がいる、多重人格の症例としては映画版『イブの三つの顔』原作『私という他人―多重人格の精神病理』が有名だが、「憑依」としてはあまり聞かないような。


    関連記事  『星のカービィ』のダークマターとデデデの関係考察
    スポンサーサイト

    「神々の模様・アラクネー」 機織りされた機織女とその織物

    自分は壁の飾りとして、ヤフオクで複製絵画を落札したりするんです。
    展示即売会で50万の複製絵画が、ヤフオクで5万円、とか。
    しかしこの前、複製絵画が同じ作者の原画より高値で落札される場面にでくわしました。

    千葉政助という人のギリシア神話を題材にした絵です。
    「神々の模様・アラクネー」というタイトル。
    希望落札価格130,000円、実際の落札価格94,000円でした。
    そして、先日落札された油絵で原画の「誘い歌(セイレーン)」が89,800円。
    んー、誤差の範囲内でしょうか。
    どちらも安いといえば安いですね。でもこの作家のジクレーは状態の良い中古で2、3万程度のことが多いのです。

    多くの複製絵画がジクレーなのに、アラクネーの絵の複製技法は西陣織で限定50部でした。
    たぶん、ジャガード機を使ったもので手織りじゃないでしょうが、極彩色の西陣織の帯って数十万円しますよね。
    でもその伝統工芸品としての評価だけで高値になった、というわけでもありません。

    神話によりますと、アラクネーという女性は女神アテナと機織り勝負をした女性です。
    その織物のできばえはすばらしかったのですが、絵の題材がアテナの父親のゼウスがたくさんの女性に手を出しまくっている絵でした。激怒したアテナはアラクネーの機織り機を打ち壊して彼女を殴り、アラクネーは後悔して自殺したそうです。
    そして彼女は死後アテナによって蜘蛛に変えられたという……。
    ゲームとかで時々見かける蜘蛛女は、たいがい彼女です。
    女神転生シリーズではアルケニーさん常連。

    権力者のスキャンダルを下品にあざける民衆vsプライド高い権力者による恐怖の言論弾圧という、ああいまでもあるな、こんな話という物語。
    現代でも宗教によっては、教祖への冒涜は死罪。国によっては王族への侮辱は有罪。
    この西陣織でアラクネーの絵、というのを考えた企画者(たぶん作者本人)は神話の通りにしたわけです。
    そしてアラクネーの神話を知る入札者が、二人で10万近くまで競ったということなのでしょう。

    開始価格が1,000円だったので、自分もねらってたのですが、神話の通りに女性の裸がいっぱいの絵なので、
    「飾って人に見せられない絵に10万払えるか?」と思ってあきらめました。
    そういう絵を見せる相手に恵まれた人や、自分だけの秘密の部屋を持っている人ならいいですね。

    この絵は千葉政助の画集「アテーナー」に神話の解説付きで収録されていますので、興味のある方はどうぞ。



    ひな祭りにはまだ早い時期ですが

    内裏雛が「天皇をモデルにしたもの」ということは、数年前から知っていたんですが、天皇誕生日の今日、公開された写真を見て、そのまんまで衝撃を受けました。
    おひな様がリアルフィギュアだなんて知らなかったよ。
    特定の天皇に似せているわけじゃないから、「実在人物」というのはちょっと違うかもしれないけど。
    伊勢神宮の式年遷宮に勅使を派遣する儀式「神宮勅使発遣の儀」に臨まれる天皇陛下=9月30日、皇居・宮殿(宮内庁提供)
    金屏風はまだしも、あの謎の座布団が現存したことに驚き
    でも検索したら、現代のひな人形にシンプルな金屏風にカラフルな布の 台の古典的なタイプが少なくって、また驚き。みんなもっと天皇に似たひな人形を買おうよ。ロイヤルウェディングだか、インペリアルウェディングにあやかろうとして、あの姿なんだから。

    このあたりが近いかなあ?
    値段が高くなるほど、伝統的になる傾向があるみたいですね。


    女神の親衛隊は少女に限る


    聖闘士星矢 : 少女版「セインティア翔」が連載へ アテナ守る少女たちの物語

    2013年07月19日

    原作の車田さんは「聖闘士の少女物の企画はかなり以前から温めていたものです。聖域がいかにアテナを守る少年たちの世界とはいえ、女神の身辺を直に警護する『親衛隊』は、やはり男子ではなく『少女隊』ではないか…と。」

    http://mantan-web.jp/2013/07/19/20130718dog00m200064000c.html



    筋はとおってるよね。
    処女神アルテミスのおつきは処女に限られていた。
    アルテミスの「少女隊」のメンバーとしては、おおぐま座のカリストーが有名。
    カリストーはゼウスに騙されて、処女を失い、「少女隊」を失格する。
    そしてクマにされる。

    女神アテナも処女神なんだから、アテナ様の入浴中の扉の警護は
    少女でないとね。
    アテナ様が浴室で苦しんでいて、男性のおつきが「どうしました!」とのぞいたら、
    女神の裸を見た罪で、鹿にされてもしかたがない。

    天照大神も処女神だから、乙女達と機織りしてたし。

    ウィキペディアソースになるけど、アテナにはこんな儀式もあった。

    パンアテーナイア祭のときはパルテノーン神殿にあるアテーナーの神像の衣が取り替えられ、乙女たちが新しく織った衣を着せた。


    神像の服でも男性が脱がせたら、不敬なのか……。

    やはり少女版の聖戦士も、恋愛禁止だよね?
    掟を破るとクマ耳にされたりするんだよね?(ねーよ)

    忘れられた生活 因幡の白ウサギ

    最近NHKが「おはなしのくに クラシック」と言って日本神話や古典をテレビ番組にしてる。子供達を日本文化に親しませようという、試みとしてはまっとうな番組。
    しかし、第10回 古事記「いなばの白うさぎ」を見たら、毛をむしられたうさぎが、堅そうな串つきソーセージみたいな蒲の穂(ガマのほ)の上をころころしてる。そんでぱっと毛が生える。

    しかし、これはおかしい。

    神話の解釈は様々だが、この神話のくだりには、大きくわけて二種類の解釈がある。

    1 蒲の穂は蒲団(ふとん)だ説
    2 蒲の花粉は止血剤だ説

    まず、お蒲団説。

    蒲の穂は、最初は串つきフランクっぽい形だけど、終わり頃はキツネのしっぽのようにふわふわもけもけになる。
    蒲の穂で画像検索
    これは毛をむしられたウサギがふわふわのおふとんに、くるまるという説。というか、水に濡れた状態でころころしたら、蒲の綿毛がついてもけもけウサギになるのではなかろうか。

    最初のかたいときでも、つぶせばしっとりもけもけなんだけど、NHKの映像では「実は蒲の穂は柔らかい」なんてわかんないよ。


    では、次の蒲の花粉は止血剤説について。

    古事記では、その部分は穂ではなく、蒲の花の上に寝転ぶと書いてある。
    蒲の花粉を止血剤として、この神話を解釈しているページも検索したらあった。

    NHKで表示されている古事記の文章も「蒲黄(かまのはな)」なので、これは古代の治療法なのかもしれないけど、それでも絵が違う。
    ガマの花の写真
    ウサギはこの緑と黄色の花の上で転がるべき。

    神話の解釈は様々とはいえ、堅そうな蒲の穂の上をころころしてるアニメでは、なんでそれで傷が癒えるのか、さっぱりわからん。

    現代日本人は神話の世界を、「当時の生活に密着したもの」ではなく「無から有を生む魔術」と解釈しすぎ。
    おかしいのは神話だからじゃない、当時の生活が失われたからだ。

    近代化と治水事業で、蒲が花を咲かせ、穂をそよがせる水辺はコンクリートになった。
    もはやいなばの白ウサギは、動物病院で人工皮膚を貼って貰うしかない。

    ついでに、神社庁監修の「おみやとかみさま」という絵本には、当時の治療法という解説の他に「昔の人は蒲の穂を蒲団や衣服にしていたからか」という解説があって、「そういえば、蒲団(ふとん)って最近は布団(ふとん)って書くけど、古くは蒲の字を使うよな」と気づいた。
    綿花は自生するもんじゃなし、そこらの蒲の穂をふとんの中綿に使えば、安いよね。

    ではわたしは、現代的なポリエステル綿の蒲団で寝ます。

    続きを読む »